語学は楽しんで勉強するのがとても大切です。

自分の好きなものを取り入れて勉強しましょう!

そこで、今回は「音楽」を取り入れて勉強する方法を紹介します!

歌で中国語を勉強するメリットとデメリット

 

まず、歌で中国語を勉強する方法を紹介する前に、歌で中国語を勉強するメリットとデメリットをお伝えします。

オススメの勉強方法の一つではありますが、実は注意点もあります。それぞれをしっかり理解した上で楽しく学びましょう!

メリット

 ・好きな曲が見つかれば、何度も聞いて歌詞を自然と覚えられる
 ・好きな歌手やアイドルが見つかれば、それを勉強のモチベーションにできる
 ・カラオケで歌える中国語の曲が増える(現地の交流で役に立つ)

 

デメリット

 ・中国語の歌では、会話において非常に大事な四声が無くなるので、日常でネイティブが話す発音とは大きく異る
 ・メロディーにあわせたり、詩的な表現も用いるため、必ずしも正しい文法ではない

 

歌を使ったオススメの学習方法

歌を使った全体的な学習方法は下記の通りです。

 

・定額音楽ストリーミングサービスに登録する。
(今回は「Apple Music」を例にします)
・好きな曲を見つける
・歌詞を見て、発音や意味を調べてみる
・歌詞を覚えて歌う

 

①まずは「Apple Music」をスマホにダウンロードして会員登録する(月額980円)

 

Apple Musicのおすすめポイントは、人気曲がダウンロードせずにストリーミング再生でき、中国や台湾で今聞かれている曲を今すぐに聴くことができます。

さらに、ほとんど全ての曲に歌詞が付いているため、中国語の曲でも歌詞(漢字のみ)を見ながら聴いたり、歌ったりすることができます。

 

 

②中国語の曲を聞いてみましょう

台湾や中国の好きなアーティストがいれば、是非その人を検索してみてください。たくさんの曲が聞けるはずです。

もし、あなたが中国語の歌に詳しくなければ、Apple Musicが提供するプレイリストがオススメです。これらのプレイリストは中国や台湾で実際に最も聴かれている曲がリスト化されており、毎日更新されているようです。

 

 ・トップ100:中国
 ・トップ100:台湾

 

まずはここからお気に入りの曲を見つけてみましょう。好きな歌声、好きな曲が見つかったら、是非そのアーティストの曲をいくつか聞いてみてください。

 

あるいは、好きな華流ドラマがあれば、そのサウンドトラックのプレイリストの中から好きな曲がすぐに見つかると思います。まずは、それらの曲を聞くことを楽しんでください。

 

 

③歌詞の意味を調べてみよう

ほとんどの曲に歌詞が付いているので、歌詞を表示させて文字を見ながら歌を聴いてみましょう。そして、お気に入りの曲の歌詞の意味や発音を調べてみてください。

 

 

④実際に歌って覚えよう

 

お気に入りの曲をプレイリストにまとめて何度も聞いて口ずさんでください。カラオケに行く機会がある人は、是非実際に歌ってみましょう!

現地でネイティブとカラオケに行くと中国語の歌を知っていると盛り上がりますよ!

そして歌のレパートリーを増やしていきましょう!

オススメの1曲

光良の『童話』という曲をオススメします。

2005年と少し前の曲になりますが、中華圏で大ヒットした一曲です。歌の特徴として、

 

・曲調がゆっくりで、覚えやすい
・歌詞の意味も簡単
・ネイティブならほぼ全員知ってる超有名曲
・中国、台湾、日本のカラオケに必ず入っている

 

是非、実際に聞いてみてください!

まとめ

今回は、歌を使った中国語の学習方法を紹介しました。

メリットとデメリットを理解した上で、自分の好きなアーティストの曲をたくさん聞いて色々な中国語に触れてみてください!

中国語の歌を通して、ネイティブとの交流が深まるチャンスにもなりますので、是非この機会に中国語の曲を覚えてみてくださいね!