台湾留学の持ち物

台湾留学する際の持ち物リストについて紹介していきます。何が必要なのか、一目でわかるチェックリストになっています。女子大生の立場から紹介しているので参考にして下さい♪

台湾留学に必ず持っていくべき物

Taiwan Talk 中國語學校

 

パスポートこれを忘れると日本から出国できません。有効期限にも注意。滞在予定数以上の残存有効期間が必要です。台湾滞在を延長して、台湾でパスポートを発給する場合は、戸籍謄本が必要になります。
現金(日本円)日本で台湾ドルに換えるよりも台湾の銀行や郵便局で両替する方が大分お得になってきます。ですので、台湾の空港で10,000円くらい両替して、残りは台湾の銀行で両替しましょう。
運転免許証日本の免許証と中国語の翻訳書があれば台湾で運転免許証の切り替えが可能です。
証明写真いろいろな手続きで必要になってきます。あらかじめ準備しておいた方が困りません。
重要書類コピービザのコピー、入学許可証のコピーなど万が一無くした時のために準備しましょう。
常備薬台湾に来たばかりの時は台湾料理(油多め)や環境になれない方もいると思います。普段使っている常備薬があれば安心できます。
酔い止めの薬台湾の交通機関はかなり荒いです。また、日本とも運転方向などが逆のため酔いやすい…。車酔いする方は持ってきた方が良いでしょう。
上着台湾の夏は蒸し暑いですが、室内は冷房がガンガン効いています。長袖がないと凍えるので、上着は必ず持っていきましょう。
コート台湾の冬は意外に寒いです。日本ほどは寒くならないものの、コートなしでは外に出られないくらい冷えるので、一着持っていくと良いでしょう。
ヒートテック台湾台中では朝・晩は冷えるけど昼は暑い!ということがよくあります。コートまではいかないけど、冷えるなぁというときにぴったり。
消臭剤台湾ではクローゼットの中にかけておくタイプの消臭剤はあるものの、直接服に吹きかけるタイプの消臭剤はあまり見かけません。夏など汗がこもりやすくなる場合も多いので、持ってきておくことをオススメします。
パソコンまたはタブレット授業の課題(プレゼン)などの時、パソコンがないと不便です。勉強の効率も上がるので、日本で購入しておくべきでしょう。
航空券電子化しているので、紙として印刷する必要はありません。観光ビザで入国する場合は、往復航空券の提出が求めらます。
海外旅行保険観光ビザの場合は、海外旅行保険の加入は義務付けられていません。クレジットカード付帯の海外保険でも大丈夫です。台湾は医療費が安いので、風邪などでは高額な請求が発生する事はないですが、交通事故に巻き込まれた場合、高額請求になる場合がるので注意しましょう。

 

台湾留学に持って行くと便利な物

クレジットカード安いご飯屋さん、夜市では使う事ができませんが、デパートや中級以上のレストランで使用ができます。現金を引き下ろすキャッシングも便利です。海外旅行保険も2枚以上持っていくと良いです。
コンタクト・コンタクト液台湾でも買うことはできますが、台湾ではコンタクトの試し付けはできません。日本でいつも使っているものがあればそちらを持って行った方が安心です。
調味料マヨネーズ・味ぽんなど。台湾にもありますが値段が倍ほどしたり、日本の味と少し変わっているものもあります。台湾の味に飽きたときなども使えるので、台湾の食べ物が心配な人は自炊用に持っていくと良いかも。
浴衣(日本文化が分かる物)大学や語学学校の行事などで日本を紹介する機会があります。その時に日本文化である浴衣を着るか着ないかでは受ける反応が違ってきます。日本の分かり易い文化のアイテムを1つ持ってきておくと便利です。
歯ブラシ・歯磨き粉台湾の歯ブラシは、日本のように形などの種類は多くないため日本から持ってくることをオススメします。歯磨き粉に関しては、台湾製のものは日本の歯磨き粉の味と違うため向き不向きがあることも。日本製の歯磨き粉になると値段が少し高くなります。
お土産これは留学先でお世話になる台湾の方に渡す用です。日本のお土産を渡すことで、日本人だということを早く覚えてもらえますし、会話をするきっかけにもなります。台湾人は抹茶味のキットカットや白い恋人など好きなお土産が決まっていますので、それらを購入するととても喜ばれます。

台湾留学に不要な物

 

虫よけスプレーこれは虫よけスプレーがいらないという意味ではなく、台湾で購入できるからです。台湾には蚊が沢山います。
筆記用具台湾は筆記用具を売っているお店も種類も多いです。日本の筆記用具も売っていますし、日本で色々と用意しなくても問題ありません。
マルチプラグ台湾は日本と同じコンセントの形なので、持ってくる必要はありません。
変圧器日本と台湾では電圧が10V程違います。最近の電化製品は、変圧器が内蔵されているため必要ありません。ドライヤー・コテを利用する場合、「〜100-240V 1.4A 50/60Hz」と表示されていないと台湾で使うと故障の原因となります。
水着台湾現地に多くの水着を売っているお店があるので、わざわざ持っていく必要はないです。
日本のお菓子日本のお菓子は台湾のコンビニ・スーパーで売っています。値段は少々高くなるものの味は一緒なのでわざわざ準備する必要はないです。
シャンプー・リンス台湾にも多くの種類が売っています。こだわりがある人は日本から持っていくことをオススメしますが、もしそうでない場合、台湾現地で簡単に購入できます。
肉の入った加工食品台湾では肉の入った加工食品を持ち込むと、最大70万円の罰金となります。カップラーメンのかやくも対象になります。レトルト・缶詰は問題ありません。写真付きでわかりやすいページはこちら

台湾留学女子大生編。持っていきたい物

愛用コスメ

これは必須品です!特にアイブロウ。台湾人は眉毛をしっかりと太めに書く人が多いです。そのため、アイブロウも太めのものが多め。愛用コスメがあれば、必ずその予備まで持ってきた方がいいです。

下着類

台湾でも購入することができますが、形が日本のものと違ったりします。また場所によっては試着を行っていない店舗なども多いので、日本から持って来ておいた方がよいでしょう。

ノンワイヤーブラ

台湾の夏は蒸し暑いです。その中で締め付けがそんなに感じないノンワイヤーブラは台湾に来る女子の味方です。また、台湾にはあんまりノンワイヤーブラを見かけないので、日本で購入しておいた方がいいです。

ブラトップ

こちらも上記の理由と同じです。蒸し暑い中、締め付けがなくしかもコーデの一つになるブラトップは台湾での生活で必須となってきます。

靴下

台湾の女性はいつまでも可愛さを求めます。そのため靴下も大人っぽいものよりはかわいい感じのものが多めです。好みの形やデザインの靴下を見つけるのは意外に大変なので、日本で買っておくと〇。

制汗剤や脇汗シート

台湾の夏は手ごわいです!すぐに汗をかきます。そこで制汗剤や脇汗シートは必須になってきます。台湾にも売っていますが、日本のほうが種類が多いです。

カミソリ日本の女性の多くは手や足の毛をそりますが、台湾の女性は基本的に脇しかそりません。そのため、カミソリの種類も少なめ。カミソリなどはお肌に関係してくるものなので、日本で自分の肌に合ったものを持ってきた方がいいと思います。
レターセット台湾にもレターセットはありますが、種類が多くありません。キャラクター系は多くありますが、それ以外は基本的に値段が高いです。手紙を書くのが好きな人は、日本で買って持ってくるのがオススメ。

不要な物

生理用品

台湾にも日本と同じ形式の生理用品が売っています。そこまでこだわりがない方はわざわざ日本から持って来ず、現地調達で十分です。

台湾留学持ち物。まとめ

いかがだったでしょうか?

 

意外なものが必要だったり、意外なものがいらなかったりあったと思います。私個人は、日本に帰るたびにポン酢と胡麻ドレッシングとマヨネーズは必ず持って帰ってくる品物です。笑

 

その他にも、ふりかけなど食べ慣れた味を持ってくる人も見かけたりしますね。多くの調味料は台湾でも買えるものの、日本でしか購入できない物もあります。

 

人によって必要な品物や優先順位は変わってくると思いますが、参考にしていただければ幸いです。